劇場「ザムザ阿佐谷」
THEATRE "SAMSA"
ラピュタビル B1F
Tel. 03-5327-7640
















蔵出し!日活レアもの祭 ザムザ出張所vol.4
2013年にラピュタ阿佐ヶ谷で行われた「蔵出し!日活レアもの祭」がザムザ阿佐谷に場所をかえ復活!今回も封切り以来なかなか劇場上映の機会に恵まれず眠っている多彩な3作品を揃えて、第4弾を開催いたします!
21.04.20(火)〜21.04.26(月)
http://www.laputa-jp.com/zamza/program/nikkatsu-rare-in-samsa04/index.shtml


ポッキリくれよんズ 第五回公演『だいたい源氏物語』
第一章 上野葵の憤慨
第二章 藤宮蕾の教育
第三章 六条睦美の嫉妬
第四章 若村沙紀の告白
第五章 月詠おぼろの挑発
第六章 明石実華の別離
第七章 三条野宮の無視
第八章 村上式部の台詞

──みんな光源氏のことが好き

21.04.30(金)〜21.05.02(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/210430.html


Shibuya Cinema Tokyo『映画 渋谷行進曲 舞台挨拶上映会』
脚本家・監督・キャストによる上映記念舞台挨拶を開催

〜あらすじ〜
「人生は成功するためにあるんじゃない。ただ生きろ。それだけで苦しい。苦しい苦しいって言いながら、それでも生きる。それでいいんだ。それが生きるってことだ」

21.05.08(土)〜21.05.09(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/210508.html


TremendousCircus 2021年5月公演「虐待の国のサラ」
酷い児童虐待を受けて大人となり、妊婦となったサラは、陣痛が起こり、自分も家庭を持つという恐怖から自殺未遂をし、病院で母子ともに危険な状態にあった。恋人とカウンセラーの見守る昏睡状態の中、気がつけば彼女の心は幼い少女となって、暗い深い森に迷い込んでいた__。
21.05.14(金)〜21.05.16(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/210514.html


Mido Labo vol.17「嗤う伊右衛門」
小説を地の文とセリフで舞台化しているMido Labo。今回の作品は京極夏彦氏による「四谷怪談」の新解釈版となる「嗤う伊右衛門」。伊右衛門、岩、彼らを取り巻く人間達の、不器用かつ激烈な愛憎劇をお楽しみください。
21.05.20(木)〜21.05.23(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/210520.html


チーム・クレセント第5回公演 西村滋没後5年特別企画 お菓子放浪記 〜ホンモノのお汁粉とニセモノの大福〜
映画やドラマにもなった名作「お菓子放浪記」の原作者西村滋の自伝的小説を舞台化(ストレートプレイで)!
今から遡ること七十六年、戦火に包まれていた時代に、精一杯未来に向けて生き抜いた一人の孤児のおはなし

21.06.24(木)〜21.06.28(月)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/210624.html


※劇場空き状況はこちら http://www.laputa-jp.com/zamza/siyou.html
詳しくはザムザ阿佐谷までお問い合わせください。
【お問合せ先】
ザムザ阿佐谷(TEL 03-5327-7640 / MAIL asagaya@laputa-jp.com)


詳しい上映スケジュールは、毎週メールマガジンでも配信しています。

Link-Manager Ver2.1