劇場「ザムザ阿佐谷」
THEATRE "SAMSA"
ラピュタビル B1F
Tel. 03-5327-7640
















金子しんぺい パントマイム1人舞台 『3020』
パントマイムのお兄さん 金子しんぺい、約2年ぶりの1人舞台決定!
今回は‘荒井康太さんのドラム’と‘齋藤ちゃくらさんのピアノ’の素敵な生演奏をバックに、いま伝えたいメッセージをパントマイムに込めて公演します。
可笑しくてもホロリとしたり、ふざけていてもどこかシリアスな金子しんぺいのパントマイムを是非会場に見に来てください!

19.03.14(木)〜19.03.17(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/190314.html


斧頭会 第4回公演『アポトーシス』
計画的に実行された銀行強盗。それは2〜3の手違いで失敗に終わった。
打たれた仲間を抱え、アジトに戻った強盗達。
「誰の失敗が原因なのか?」「この中に警察の犬がいるのでは?」
強盗達は疑心暗鬼しながら対立していく…。

19.03.20(水)〜19.03.24(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/190320.html


SHOW劇 無=魂・第14回公演 『 ONION 』(〜いのちあるところ〜)
活気に満ちたショーレストランのオーナー。人の笑顔が見たくて、人のために良かれと想い、生きてきた男が、何故か次々と不幸せな展開と八方塞がりな状況ばかりを引き寄せる。とある事件の末に事故に遭い、男は意識を失った中、追憶の世界への旅が始まる。そこで出逢い、見つけたものは一体何だったのか。
19.03.27(水)〜19.03.31(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/190327.html


有末剛緊縛夜話第十九夜 『阿佐谷心中縄の果て』
二日間三公演、緊縛×長唄の初セッション。
二人のプロフェッショナルが融合する時間を演出するのは、闇を拓く男、高木尋士。

今、唄と縄が 想いを遂げる。ともにゆきましょ、涅槃まで。

19.04.12(金)〜19.04.13(土)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/190412.html


緊縛×インプロワークショップ『日常を越えた信頼』
今回は、初の試み!
緊縛×インプロ ワークショップの開催です。

19.04.14(日)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/190414.html


チーム・クレセント第四回公演 夢の果(ハタテ) 〜映画脚本家、文壇のドンに挑む〜
【あらすじ】
映画が庶民の娯楽の中心だった1962年。
新進気鋭の脚本家白坂依志朗は、映画会社からベストセラー小説のシナリオの執筆を依頼される。白坂は斬新なアイディアでシナリオを書き上げるが、原作者である文壇の大物作家は書き直しを命じる。両者の仲は険悪になり、周囲の人々を巻き込んで大騒動に発展するのだが──
果たして、映画という夢の彼方にあるものは──

19.06.06(木)〜19.06.10(月)
http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/190606.html


※劇場空き状況はこちら http://www.laputa-jp.com/zamza/siyou.html
詳しくはザムザ阿佐谷までお問い合わせください。
【お問合せ先】
ザムザ阿佐谷(TEL 03-5327-7640 / MAIL asagaya@laputa-jp.com)


詳しい上映スケジュールは、毎週メールマガジンでも配信しています。

Link-Manager Ver2.1